インデラル,ラシックス通販のエイビス薬局【医師監修】

エイビス薬局公式ブログ【医師監修】

ADHD

ADHD治療薬ストラテラの効果と副作用・デメリット・口コミ

投稿日:

ストラテラの主な効果と副作用のデメリット

アクセプタというジェネリックもある、ストラテラとは、ADHD注意欠陥多動性障害を治療することができます。

ADHD治療薬としてのストラテラを聞いたことがあるという方は、少なくないのではないでしょうか。

私は、ストラテラを約3年服用するようにしました。
1日に服用できる上限は決まっているので、計120mgだけを服用するようにしていました。

ADHD治療薬のストラテラについて、具体的には、どんな効果があって、副作用のデメリットがあるのかまとめたいと思います。

ADHDには、ストラテラの他には、コンサータという医薬品もありますね。
ADHD治療薬であるストラテラを、ADHD出ない人が服用するということもあります。

一般的なストラテラの副作用について

ストラテラを利用した場合に、高確率で出る副作用について、ご紹介をさせて頂こうと思います。

体重減少や、頭痛と食欲不振の副作用というものは、とても、よく見られるとされています。
この頭痛とは、少し特徴的となっています。
後頭部に、ずきずきとした痛みが感じられるというものではありません。

前頭葉をメインにした頭痛となっていまして、全体的に、疲労感を伴うものとなっています。
精神的な副作用もあるのは、ストラテラを利用した時には、少しアグレシッブになる部分ということもありました。

ストラテラの服用の1つ、食欲不振について

成人のADHDという場合には、ストラテラを利用して、食欲不振の副作用が確認されるということもあります。

ストラテラによる食欲不振の副作用とは、胃もたれによる食欲不振というものではありません。
この食欲不振とは、物を食べる、このこと自体に、興味が消える?みたいなものです。

ストラテラの副作用で痩せる!

ストラテラの服用によっては、その副作用によって、空腹感が失われるということになります。
食事をしなければならない!みたいなことは消えることになりました。

夜はお茶だけというだけでも、食事を求めるということもありません。

甘いもの、一般的に太るものへの欲求は、以前と比較にならないほど、見られないようになりました。

1日の総摂取カロリーとは、1000キロカロリーを下回るということになったのです。
いつもなら、絶対に行っていたマクドの前を通っても、食欲が込み上げてくるということもなかったです。

空腹時だと衝動買いは非常によくあると思いますが、そんなこともなくなったので安心です。
食べないで普段どおりに動くことになっていますので、体重は、顕著に減るということになりました。

ですが、ストラテラの副作用によって、必要な栄養素不足になるということは避けることはできなかったです。
ストラテラの利用を一旦休止した時には、空腹感に襲われてしまうことになりました。

食べることができないというわけではない

食欲不振とはいっても、胃腸の不具合によるものというわけではありません。

なので、全く食べることができないというわけではなく、必要に応じて、摂食するということはできます。

ストラテラADHD治療薬を服用するというだけで、1ヶ月で、10キロ以上もの減量に成功したということ!には、誰もが驚くはずです。

味覚障害と口渇

ストラテラをADHD治療薬として服用させてもらってからは、舌の周囲に、味覚障害といったものが見られるようになりました。
ストラテラを服用してからは、かなり口が渇く衝動が見られるようになりました。
水分補給は、ストラテラの服用時には、しっかりとするようにしました。

ストラテラによるダイエットとは

人の中には、ストラテラを服用すれば、とても簡単にダイエットできるのでは?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ADHD治療薬のストラテラとは、ノルアドレナリンの再取り込みを阻止するということができます。

これは、ノルアドレナリントランスポーターを阻害することによるものです。
ADHDの治療薬・ストラテラを服用すると、ADHDの神経伝達物質の濃度を上昇させることに成功させます。

これによって、ストラテラを利用すれば、ADHD特有の気が散りやすいという症状をしっかりと改善できます。

 

ストラテラの通販サイトはこちら

 

-ADHD
-

Copyright© エイビス薬局公式ブログ【医師監修】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.