インデラル,ラシックス通販のエイビス薬局【医師監修】

エイビス薬局公式ブログ【医師監修】

デパス

デパス(エチゾラム)の効果・効能と特徴【医師監修・抗不安薬の全て】

投稿日:

デパス(エチゾラム)の効果・効能と特徴【医師監修・抗不安薬の全て】

1980年代に発売された抗不安薬・デパスという商品には、現在エチゾラムという大変安価な商品が存在しています。

まず、根本的にジェネリック医薬品とは、何なのか、ご存知でしょうか??

ジェネリック医薬品とは、先発薬・ここでいうところのデパス、別の製薬会社から発売される医薬品という事になりまして、先発薬の特許が切れた後であったら、合法的に販売はできるようになっています。

先発薬ではなく、後発薬デパスのジェネリックを購入するメリットとは何でしょうか??
それは一錠あたりの単価は大変安価なものに設定されていまして、先発薬とは、全く変わらない効果をしっかりと期待できるようになっているのです。

精神安定剤・安定剤とされる事もある医薬品の事を抗不安薬と一般的に呼びまして、現在多数の人々が利用されています。

整形外科や内科・精神科では、もちろん、エチゾラムが処方されるようになっていまして、強力な抗不安作用を発揮しまして、患者さんの間では、非常に人気となっています。

今回は、その他の抗不安薬と比較しながら、エチゾラムや効果や特徴の紹介を行っていくようにします。

最安値販売サイトは、コチラ↓

https://truewetsuits.jp/

エチゾラムの特徴

最初に、抗不安薬のエチゾラム、具体的に、どんな特徴を持っているのかという事を紹介していきます。

抗不安薬の作用とは、主に4つのものが存在しています。

・眠気を誘う作用

・筋肉の緊張を解消させる作用

・不安解消作用

・痙攣抑制作用

主な4つの作用の強弱というものは、それぞれの抗不安薬で違っています。

個々の抗不安薬の4つの作用と、持続性と即効性に着目していきますと、具体的に、どのような抗不安薬なのかという事が把握しやすいようになります。

使用者によって効果の強さの感じられ方には個人差というものは確認されますが、抗不安薬という事で、多くの方は、抗痙攣作用に関しては弱いと指摘しています。
眠気を催す作用は、強くも弱くもなく、中くらいだと指摘しています。

抗不安作用や筋肉の緊張をほぐす作用では、抗不安薬の中でも、強めの作用を、よく指摘されています。

エチゾラムとは、不安解消や体をリラックスさせる効果が非常に高くて、筋肉をほぐす作用と、抗不安作用に関しては、多くの方が信用されています。

筋肉の緊張によって、深刻な肩こりが発生してしまった場合には、筋肉のこりをほぐす事が可能な作用を持つエチゾラム、こちらの医薬品が精神科に限ったことではなく、整形外科においても処方をされるということがあるのです。

この効果には、メリットだけではなく、デメリットも同時に存在していまして、脚の筋肉が緩んでしまう事になります。
高齢者の方が、こちらのエチゾラムを使用した場合には、思わぬ転倒といったアクシデントを引き起こす要因となってしまうようなこともあるのです。
なので、一定の注意力を働かして、エチゾラムの使用とは、他の医薬品同様にすべきです。

まずまずの眠気を催す効果も確認されていまして、不眠症や睡眠障害の要因が、不安や緊張感にある場合には、エチゾラムを服用することは非常に効果的と言われています。

エチゾラムとは、全体的に、強めの効果を持つ抗不安薬なので、ついつい薬に依存してしまうということがありますから、その点に関しては、適切な服用を行っていく必要性があります。

次は、抗不安薬のエチゾラム、こちらの商品の、持続性や即効性について、具体的に確認していくようにします。

エチゾラムの効果の半減期とは約6時間とされていまして、エチゾラムの効果が最大になるまでには、約3時間ほどは要すると言われています。
エチゾラムの作用時間を確認する目安とは、半減期と言われることもあります。
これは、医薬品の効果の半減期と作用時間に関して、確かな相互作用というものがあるからです。

即効性に関しては、類似の商品と比較を行いまして、そこまで高いものが確認されているというわけではありません。
最大の効果を得るには、約3時間ほど要してしまうということからも、エチゾラムが即効性に特に優れた抗不安薬ではないことははっきりとします。

即効性と同じように、エチゾラムの効果時間に関しても、特に長いというわけではないのです。
何度も服用する事になりますから、結果的には依存症のリスクを高めてしまう事にはなりますが、安定した効果を一日中実感されたい方は、エチゾラムを1日あたり3回に分けた多少面倒な抗不安薬の服用というものをしなければなりません。

これまでの事を簡潔にまとめますと、抗不安薬エチゾラムの特徴とは、以下のようになります。

○良い特徴

・優れた抗不安作用から、確実な不安解消効果を実感できる。

・肩こり改善や心身のリラックスには、エチゾラムは非常に優れています。

・眠りやすいコンディションを形成するには、まずまずの眠気を催す効果を持っている、エチゾラムの服用は効果的です。

・安くて良質な効果が実感できるようになっていまして、エチゾラムが個人輸入代行サイトのジェネリック医薬品であることは、多くの人にとって良い特徴となります。

×悪い特徴

・作用時間が短いにも関わらず、抗不安作用が強いので、依存症の傾向はよく確認される。

・眠気を催す効果と筋肉の緊張をほぐす効果に優れますから、思いもよらない転倒などのアクシデントによって、骨折をしてしまう場合があります。

・一回あたりの効果時間が長くはないために、1日あたり、複数回のエチゾラムの投与が必要とされることもあります。

良い点と悪い点を簡潔にまとめますと、副作用はあるものの、その効果は大変強いものが期待できるという事になります。

決して甘く見るような事はしてはいけない依存性や、ふらつきなどによっての転倒というものは考えられるものの、筋肉を緩める効果と抗不安作用には、とびっきりの効果を実感できるようになっているのです。

将来的に副作用で苦しんでしまうような事態も考慮されて、エチゾラムという抗不安薬は服用すべきでして、服用したら必ず満足できるという安心感から、気軽に服用し過ぎるという事も考えものです。

そういうわけで、医師と相談されながら、必要な分のみ服用されて、無茶な服用は絶対にしないという事が重要になってきます。

副作用などのデメリットを抑えつつ、確実に自分が快適に生活できる環境を形成できるように努力していくという事は非常に大切なのです。

エチゾラムの抗不安作用の強さ

抗不安薬には、数多くの商品が用意されるようになっていまして、日本では、作用時間や個々の商品の強さというものを考慮して、実際に処方されるようになっています。

これから、エチゾラムを他の抗不安薬とも比較しながら紹介していきますが、抗不安薬として効果に関しては、非常に強いものが実感される事ができるようになっています。

幾つかの抗不安薬と比較しながら、エチゾラム(デパス)を服用するにあたって、どれだけ、この抗不安薬の作用が強いのかという事は、ご確認頂けるようになるでしょう。

作用時間(半減期)抗不安作用
グランダキシン短い(1時間未満)+
リーゼ短い(約6時間)+
デパス短い(約6時間)+++

ソラナックス/コンスタン普通(約14時間)++
ワイパックス普通(約12時間)+++
レキソタン/セニラン普通(約20時間)+++
セパゾン普通(11-21時間)++
セレナール長い(約56時間)+
バランス/コントール長い(10-24時間)+
セルシン/ホリゾン長い(約50時間)++
リボトリール/ランドセン長い(約27時間)+++
メイラックス非常に長い(60-200時間)++
レスタス非常に長い(約190時間)

デパスとエチゾラムとは同成分・同効果となっていますから、抗不安作用に関しては、同様のものとなっていると考えて問題はありません。

上記の表は、あくまで、1つの目安として扱うべきですが、基本的には、デパスやエチゾラムに関しては、抗不安作用が強い商品だと考えてもらって結構です。

エチゾラムは使われる疾患は

次は、エチゾラムという抗不安薬が利用可能な疾患に関して、具体的に確認していくようにします。

一般的には、エチゾラムの添付文書にて、以下のような記載が確認されています。

●神経症における不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害
●うつ病における不安・緊張・睡眠障害
●心身症(高血圧症、胃・十二指腸潰瘍)における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ・睡眠障害
●統合失調症における睡眠障害
●下記疾患における不安・緊張・抑うつおよび筋緊張
頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛

上記の事を大まかにまとめますと、身体的に筋肉の緊張が確認されたり、緊張や不安感が高まってしまった場合に利用するのが最適なのです。

筋肉の緊張の解消に効果的なエチゾラムとは、頚椎症、腰椎症の改善にも、もちろん有効となっていまして、心身症、うつ病や神経症の改善に主に利用可能なエチゾラムは応用する事が十分に可能となっているのです。

社会不安障害やパニック障害と深いつながりが不安障害、昔で言う神経症にはありまして、病的に不安感が高まってしまっている場合には、デパスと同成分のエチゾラムを利用して、とても優れた改善効果が確認される事がよくあります。

鬱病に関しても、エチゾラムという抗不安薬は適応があるとされていますが、エチゾラムの利用によってダイレクトな治療効果を得られるという訳ではないのです。
うつ病の症状に付随して生じている、不眠や緊張、不安感を改善する事に関して、抗不安薬のエチゾラムは適切な効果を発揮するのです。

心身症のことを、具体的に、ご存知でしょうか??

心身症とは、精神的な不具合が原因となって、身体的な異常を来す疾患をまとめて、そのように言います。

ストレスを受け続ける事によって胃潰瘍になってしまうのは心身症と言えますし、ストレスで血圧が上がってしまうのは心身症と言えます。

しかし、単に食生活が悪く、胃潰瘍になったり、同様にタバコによって、血圧が上がってしまうような事は心身症に当てはまるとは言えません。

心身症と同様に、統合失調症に関しても、同様のことが言えるようになっています。
統合失調症そのものを改善する事は難しいものの、統合失調症によって不眠が引き起こされている場合には、抗不安薬として、そちらを確実に改善していく事はできるようになっています。

加えて、デパスと同成分のエチゾラムを使用して、普段普通の人が感じられるような緊張や不安というものを抑える事はできますが、好ましくないデメリット・副作用の方が強く感じられ、結果的に本末転倒のようになりますから、通常は用いるような事はされないのです。

デパスと同成分の抗不安薬エチゾラムが利用される場合とは、医師が抗不安薬として、病的な不安感があるレベルと判断された場合でして、筋肉の過度な緊張に対しても、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛の悪化になる可能性がある場合には利用されることもあります。

過度な筋肉の緊張には、過度な不安感の悩みの時と同様に、医師からの処方がされるのです。

エチゾラムが向いている人は?

抗不安薬のエチゾラム、どのような悩みの方の使用が最適なのでしょうか?

エチゾラムとは素晴らしい効果、深刻な副作用が顕著に確認される抗不安薬でして、ハイリスクハイリターンといいった側面があります。

他の商品よりもしっかりとした効果が感じられるために、ついつい、他の抗不安薬よりも使用してしまいがちになるかもしれません。
しかし、上記の特徴を考えてみれば、他の抗不安薬を利用した上で、あまり納得のできる効果を実感できなかった場合に利用するのが良いでしょう。

気軽にエチゾラムを使用してしまうと、長い目で見て依存症のリスクが高まってしまいますから、初めは、もっと効果や副作用が軽いものから、服用をスタートさせるのが良いでしょう。

筋肉を緩める作用を持っているので、肩こり改善のために気軽に利用されたりすることもありますが、エチゾラムの利用によって、高齢者の方は思わぬ転倒や骨折のリスクというものを生じさせてしまいます。
最悪、寝たきりとなってしまいますから、安易な考えは禁物です。

血中濃度が最大になるまでは服用後、三時間はかかるとされていまして、エチゾラムとは決して他よりも即効性に優れているという事はないのです。

高い即効性が見込めるエチゾラム、と勘違いされている方もいらっしゃいますが、それは全体を通して、効果が強いものがあるので、錯覚を起こしているからでしょう。
もっと優れた即効性の期待できる抗不安薬というものは存在します。

・ブロマゼパム(商品名レキソタン)

・ジアゼパム(商品名セルシン)

・クロチアゼパム(商品名リーゼ)

というような3つの抗不安薬がそれに該当しまして、エチゾラムが3時間で血中濃度が最大に達するのに対して、これらは1時間で達するとされているのです。

即効性が高く、スピーディーな効果の実感を必要とする場合には、デパス以外の上記の抗不安薬を利用した方が、高い満足感に繋がる可能性は高いのです。

1日に複数回に渡り抗不安薬を服用したくない、1日を通して安定した効果を実感したいという場合には、エチゾラムの半減期は6時間と長くないために、もっと長い作用時間の期待できる抗不安薬を当然選択すべきなのです。

エチゾラムの作用機序

多くの抗不安薬とはベンゾジアゼピン系に属するものとなっていまして、エチゾラムももちろん、この系統に属するものとなっています。

エチゾラムとは、具体的に、どのような作用機序を持っている医薬品なのか??ご存知でしょうか??

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬とは、主に4つの働きが期待できるようになっています。

・眠くなる

・痙攣抑制

・筋肉における緊張緩和

・不安緩和

脳神経のGABA-A受容体という部位に作用という事が、医学的に確認されています。

エチゾラムも該当しますが、ベンゾジアゼピン系の中で特に抗不安作用の強いものは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬とされています。

これと同じように、ベンゾジアゼピン系の中でも、睡眠作用が顕著に確認されるものは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬として扱われています。

基本的には、ベンゾジアゼピン系の商品は、基本的には、上記の4つの効果を備えたものとなっています。

その中で、抗不安作用・抗痙攣作用が強いもの、それぞれの商品によって、違いというものがあると確認されています。

先述の通り、ベンゾジアゼピン系エチゾラムには、弱い抗痙攣作用・ほどほどの催眠作用・強力な筋肉緩和作用・強力な抗不安作用が確認されています。

-デパス
-

Copyright© エイビス薬局公式ブログ【医師監修】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.